授業のつくり方・業務改善・働き方改革 無料メール相談受付中

民間出身の高校教師による「教師を魅力化する」ための「educationのイノベーション」

プロフィール

最近、何かとブラックな働き方が話題となっている教員ですが、
警察官の友人から聞いた、
「包丁持った男が暴れてたから取り押さえてきた」
「こえーけど仕事だから仕方ねぇよ・・」

って話に比べたら、自分の仕事なんかまだ全然マシだな、
と思った小太郎です。

みなさん、初めまして。
当ブログでは、先生方の業務改善にお役立て頂けるような記事と、元来の面白いもの好きが興じて書いたネタ的な記事で構成されています。

ここで会ったのも何かの縁です。70億分の1の奇跡です。あなたの黄金の右手をマウスに乗せたまま、よかったらプロフィールだけでも読んでみてください。
そして、雰囲気だけでも掴んで帰ってください。

あ、何なら帰らなくてもいいですけどー。笑

小太郎

自己紹介

民間企業から転職をして、今は公立高校の教員をしています。
教科はみんなが苦手な「公民」です。

ブラックと言われる「教員の仕事を魅力化し、教育の質を高める」ことをミッションに、
授業のつくり方、生産性の向上、学校組織論、教員採用試験対策などを民間の視点を交えて情報発信しています。

キャリア

  • 教員経験10年
  • 教科推進委員(教育委員会から指定を受けた授業改善・推進の専門家。時々、新聞などのメディアが授業の様子を取材に来ます)
  • 学年主任(1回)
  • 初任者研修講師
  • 校内の働き方改革や生産性向上のアドバイザー

のような仕事をメイン業務としています。

特に、教員の働き方改革については、
近年「教員のブラック化」が指摘される中で、教育業界からも需要が高まってきているように感じます。

この点、学校特有の事情を考慮しながら、民間企業が実施する「経営」のフレームワークを活用することで業務を効率化し、授業準備生徒対応の時間を確保するための提案をしています。

個人相談(もちろん無料で)も受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

働き方改革・授業づくり等の相談はこちら
お問い合わせフォームへ

 

学校で働いてみて分かったこと

school-class

教員になって最初に感じたことは、「とにかく時間がない」ということでした。

業務が多くて「忙しい」というよりは、まるで嵐に遭ったかのように、不測の事態が次々に起こり、それに一つひとつ対処していたら「あっという間にもう19時!」という感じに近いかも知れません。

時計の二度見も慣れたもので、
志村動物園のパン君(チンパンジー)並みに二度見が上手になりました。

高校の教員は、学校の構造上、

  • 担任になれば40人の生徒を受け持ちます。
  • そして授業で担当するのがおおよそ200人。(40人×5クラスの場合)
  • さらに部活、委員会などもあれば数十人の生徒がいます。

単純計算で、毎日300人ほどの生徒の窓口になるので、引っ切り無しに生徒が訪ねてきます。

やれ「プリントを忘れた」だの、やれ「彼女とうまくいかない」だの、
本当「ドリフか!」ぐらいの勢いで、次から次に生徒がやって来ます。

そんなこんなで、法定休憩時間とは名ばかりの昼食も満足にとれない生活のため、
中には最初から食事を諦めて、その時間を労働時間としてカウントしている教員もいます。

授業についても、1コマの授業をするのに2時間ぐらいは準備が必要ですが、そんな時間は取れないので、
授業準備は生徒が帰宅したあとの静かな学校か、自宅への持ち帰りが当たり前。

そして自宅への持ち帰りは、長時間労働の潜在化を招きます。

 

しかも、残業代、土日出勤手当、代休なし!超、ブラック。
(正確には、残業代は300円、土日出勤は2,800円程出ますが、馬鹿らしくて申請しない人も多いです)

小太郎

公務員が9時~5時なんていうのは都市伝説だと思います。
5時からようやく自分の仕事が始まります。

 

教員の忙しさの理由

busy-day

教員の忙しさの原因って色々あるんですけど、「しくみの面」で代表的なものを挙げると、

  • 人が足りない
    例)民間企業のように成長を見越したリクルーティングができないため、慢性的に人手不足。さらに、少子化によって教育予算は縮小傾向のため、人、モノ、カネのリソースが足りない。結果として、教員が長時間労働のコストを支払うことで帳尻を合わせている。
  • 雑務や会議が多い
    例)教育委員会からの調査が頻繁に行われ(主に議会の答弁書作成や教育政策立案のため)、その回答の準備や資料作りに数日を要する。会議については、教員は所属する母体が多い(教科・学年・分掌・部活・委員会など)ため、自ずと会議も多くなる。
  • 部活の歯止めがきかない
    例)生徒のやる気を見守るのが教師の本分。とことん付き合うことが求められ、際限のないループが始まる。

などがあります。

ただ、すべてがしくみの問題というわけではなく、教員の働き方やマインドにも問題があると思います。

例えば、

  • みんなでやろう (非効率かつ過度な平等意識)
  • あれもこれも全部大切 (一度始めたものはやめられない)
  • 時間をかければいいものができる (コスト意識のなさ)

という学校特有の文化やマインドは、学校業務を際限なく増幅させてしまうので、「生産性」「持続可能性」の観点から見直してゆく必要があると思います。

 

学校にこそ生産性の概念が必要

math

例えば、僕の学校では、教員の業務が肥大化しすぎて、生徒の課題解決をフォローできないという問題がありました。学校として本末転倒の事態です。(多くの学校がこの状況に陥っていることも事実)

一方で、職員のマインドは、

  • 時間をかければいいものができる (コスト意識のなさ)
  • あれもこれも全部大切 (一度始めたものはやめられない)

という考え方が常識になっています。

これでは忙しくて当然です。この考えは、時短と対極にある考え方だからです。私たちは、生徒を思うあまり、無意識のうちに、「自分で自分の首を絞めていた」のです。

確かに、時間をかけてディティールにこだわれば、見た目も美しい資料が作れるかも知れません。

しかし、仕事は他にも山ほどあります。だから仕事の本来の価値を測ろうと思うなら、生産性」の概念を用いるべきなのです。

生産性は、

生産性 = 成果(利益) / 時間(コスト)

という式で表すことができます。

つまり、分母である時間(コスト)をかければかけるほど、生産性は低くなってしまうのです。

考えてみればこれは簡単な話で、例えば、研究授業の準備などで、使える時間の大部分を投入した時には、忙しさのあまり、分掌や学年、部活など、その他の業務まではなかなか手が回りません。

その結果、業務全体としては、仕事のやり方に課題が残った経験がある方も多いのではないでしょうか。

残念ながら、これでは生産性が高いとは言えません。
(研究授業の成果が抜群に高ければ話は別ですが)

全体の業務との兼ね合いの中で、

  • 成果を最大化してゆく
  • できる限りコストは小さくする

これが生産性を高める秘訣なのです。

 

生産性の向上の提案

whitebord-meeting

こうした考えが管理職の目にとまり、校内研修において、

  • 生産性向上のための考え方
  • 時短や効率化のノウハウ

の提案を行う機会を得ました。

背景にあったのは、「教員の働き方改革」が社会問題化しているにもかかわらず、
教育委員会を含め、学校現場にそのノウハウがないことでした。

僕は、教員になってからというもの、

  • 資料を全員に配る (一見、無関係な職員にもとりあえず配る)
  • やたらと根回しが必要 (事前に相談していないと、「聞いていない」と反発する)

などのスピード感を阻害する要素に疑問を感じていたので、講師の依頼を快諾し、
生産性・効率性を高めるための考え方や、コストを増大させるしくみからの脱却を提案していきました。

 

しかし、まったくうまくいきませんでした。理由は、教育の特殊性というものを軽視していたからだと思います。

小太郎

「学校には、効率よりも大切なものがある。そしてその非効率性の中にこそ、生徒の成長がある」
という文化をまだ理解していなかったのだと思います。

例えば、先ほどの根回しの話では、
「職員全員が学校の運営者であり、当事者意識を持って仕事にあたるための文化」
と聞けば、なるほど、確かに理解できます。

ただ、一方で、学校の非効率性が、自らの首をしめていることも明らかでした。

全員が当事者意識を持つというのなら、職員会議で寝ている職員などいてはいけないはずです。

そこで僕は、

  • 生徒対応の時間
  • 授業準備の時間

を確保するために、手段として「今のしくみを改める」という改革の意図を明らかにし、
先生方の理解を求めました。

同時に、改革の方法もドラスティックに変えるのではなく、学校の特殊性を考慮しながら、「変えるべきは変える」という最適解を探る作業を行いました。

その結果、少しずつではありますが、若手の先生を中心に、「生産性向上のノウハウを教えて欲しい」という依頼が来るようになり、現在の僕は、校内の生産性向上アドバイザーとして、通常業務以外にもお仕事をさせて頂く立場となりました。

現在、所属校では多くの職員がコスト意識を持っており、仕事の仕方にポジティブな変化が起きています。

例えば、

  • 会議に遅れる人がいなくなり、会議の時間も短縮される
  • 作業効率が上がり、教材研究や生徒対応の時間が確保できる
  • 生徒に本当に必要な行事や活動が精選される

などの変化です。

そして最近では、無駄の削減だけではなく、成果を高めるしくみを考える取り組みも始まりました。

 

教員の仕事を魅力化し、教育の質を高める

job-change

このブログでは、しくみを変えることによって働き方を変え、「教員の仕事を魅力化」する方法をまとめています。

私たち教職員が一体となり、働き方改革を進めてゆけば、生徒との時間を増やすことができ、ワークライフバランスの観点からも働きやすい職場になるはずです。

そうすれば、「教員のブラック化」によって凋落した教員採用試験の倍率も回復し、教育業界にも優秀な人材が集まるしくみが生まれます。

それって、回りまわって全部生徒のためになると思いませんか?

さあ、みなさんの学校にもあるボトルネック(問題の本質)を取り除き、
「教員の仕事を魅力化し、教育の質を高める」ための行動を共に起こしましょう。

しくみが変われば、未来が変わる。これからの「教育」の話をしょう。

 

ちょっとだけでも興味がわいた方はこちらもぜひ!

 

Copyright© 教育の処方箋 , 2020 All Rights Reserved.